スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

global training

前回はanalytic trainingについてお話ししたので
今回はglobal trainingについてお話します。

前回も書きましたが私のトレーニングは
『複数の味方と複数の相手がいる中で「状況把握・決断・実行」という行動プロセスの向上』
をベースとしているので常に毎回『複数の相手と複数の味方』がいて攻守の切り替えのあるglobal trainingがメイントレーニングとなります。
ちなみに『複数』とは最低でも3人以上だと考えているので3対3以上のトレーニングということになり、
例としてはポゼッションゲーム、ポジションゲーム、スモールサイドゲームなどがあります。

私がglobal trainingを行う際の留意点。
①global trainingでは人数が増えれば減るほど複雑性が増えるので、その中で戦術的な全体指導をしながらも個人技術・個人戦術を指導できるコーチングスキルが必要不可欠。
②実際のゲームのどういう場面、状況下か。ピッチのどの部分か(アタッキングサード・ミドルサード・ディフェンディングサード・中央・サイドなど)を明確にして説明する。
③映像によるデモンストレーションがあればなおさら良い。
④global trainingでは様々な現象がでるのでコーチングポイントを絞ること。あれもこれも言ってしまうと選手に何を獲得させたいかが薄れてしまいトレーニング効果が低くなる。
⑤ゲームフリーズによる的確なコーチング:quick simple to tha point。
⑥ポジティブで選手に考えさせるようなシンクロコーチング。

ちなみに私は低学年でもメイントレーニングは3対3+1などのglobal trainingを行います。
一般的には技術レベルが低いと、メイントレーニングでも1対1などに細分化するかanalytic trainingに変更されることが多いと思いますが、私は『複数の味方と複数の相手がいる中で「状況把握・決断・実行」という行動プロセスの向上』がベースであり、その中でも『状況把握(認知)』が行動プロセスの第1なので、多少技術レベルが低くてもglobal trainingで成功体験が得られるようにオーガナイズの設定・コーチングを工夫します。根気よく指導することで低学年でもできますよ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

mura coach

Author:mura coach
現在U8~U13の指導に携わっています。常に学び実践し、JFAコンセプト・FCBメソッド・PTP理論を上手く融合させて独自の指導哲学を構築し、選手の能力にかかわらず全ての選手がフットボールを真剣に楽しみ、能力を引き出し向上させることのできる一流のフットボールコーチを目指して日々努力し頑張ります。
            

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。